ふくろうのひまつぶし

しがない心理学者の日々の活動ログ。「自称」科学者以上「立派な」科学者以下。↑「以下」が取れる日を夢見て🦉 心理学者として重要なスキルは「科学」に関する知識等のほかに「プログラミング」と「英語」だという信念から、その辺の備忘録を書きます🦉

【英語】いっつも調べちゃう単語メモ (随時更新)

profound

1 having a strong influence or effect
profound effect/influence/impact/consequence etc
--Tolstoy’s experiences of war had a profound effect on his work.
--The mother’s behaviour has a profound impact on the developing child.
--profound changes in society
2 showing strong serious feelings 類義語 deep
--a profound sense of guilt
3 showing great knowledge and understanding 類義語 deep
--a profound question
--Jenner is a profound thinker.
4 literary deep or far below the surface of something 類義語 deep
--Her work touches something profound in the human psyche.
5 complete

 

comply

to do what you have to do or are asked to do → compliance, compliant
comply with
--Failure to comply with the regulations will result in prosecution.
--The newspaper was asked by federal agents for assistance and agreed to comply.

 

distress

1 a feeling of extreme unhappiness
--Luke’s behaviour caused his parents great distress.
in distress
--The girl was crying and clearly in distress.
2 suffering and problems caused by a lack of money, food etc
acute financial distress
in distress
--charities that aid families in distress
3 formal great physical pain
4 a situation when a ship, aircraft etc is in danger and needs help
--We picked up a distress signal 6 km away.
in distress
--The ship is in distress.

 

 

【心理学】オンライン調査は完全には信用できない件

心理学のある分野では「Satisfice問題」というものがあります。

Satisficeとは、努力の最小化傾向のことを指します。ヒトは、何かの目標を達成するためにかける努力(労力)を最小化するという傾向があるのです🦉

 

まぁ、いかにも人間だな~と思うのですが🦉、調査を専門に行う研究者(多いのは社会心理学者)の中ではかなりの問題なのです。。

 

調査研究とは、質問紙やオンラインアンケートなどの手法を使ってヒトの心理や何らかを測定する手法です。基本的に数百人以上の大量のデータが集められ、統計的に処理されます。私も大学生のころ、こんなので何がわかるんだろ?🦉と思ってたけど、統計を一応身に着けた今ではホー🦉っとその信頼性の高さに納得しています。

 

さて、それでもこのタイトルです。これは2015年の三浦・小林 (2015) 論文が示した、Satisficeによってかなりの割合でオンライン調査のモニターは質問文を読んでないという観測結果から来ています。

www.jstage.jst.go.jp

日本語論文なので、興味があればご一読を。

 

この研究では、教示文(質問文)をちゃんと読んで、指示どおりに行動する回答者がどの程度いるのかということを検討しています。

オンライン調査の問題をやや長文にし、最後の方で「以下の問いには何も答えずに次に進んでください」と明示して、それっぽい問題文を並べます。つまり、この調査では「回答をしない」が正解になります。

 2社のオンライン調査会社(匿名でした)の協力を得てこの調査を実施しました。

 

 

その結果。。。

 

 

 

なんと1社では51.2%、もう1社では83.8%の回答者が答えた(ちゃんと問題を読んでない)という結果が…!🦉🦉

 

 

 

 

 

そ、そんなに…!

 

 

 

 

 

これまでの様々な(本当にたくさんの)調査研究も、どのくらいこの影響が起きているのかわかりませんね。。。

 

 

 

 

ただし、この調査には反論があって、そもそもこのような調査の場合、個々の項目の問題文が重要であって、最初の文章を長文にしてしまうのは設問がよくないのではなどの反論もあります。

 

 

にしても平均6割強って、すごい気がします。こわい。🦉

 

【心理学】脳は安静状態のときに(集中状態よりも)エネルギーを使っている件

字面だけだと驚きですよね🦉

 

でもこれ事実だとされています。神経科学では常識レベルです (Shulman et al., 2009, Proc Natl Acad Sci)。

どういうことかというと、意識がある状態を維持することにエネルギーは大量に使われています。意識がない状態とある状態とでどちらがエネルギー使ってそうか考えれば、まぁそうかなーって感じですよね。

 

で、その時のエネルギー量は認知的な活動(計算とか記憶とか)を行っているときのエネルギーの20~100倍ほど!

もちろん、総量としては認知的活動をしているときの方が大きいですよ?だって安静時の使用エネルギーにプラスして認知的活動に使用されているエネルギー分があるんだから。でも、認知的活動時から安静時分を引いた消費エネルギーは、安静時の1/20~1/100ほどになる…!🦉!

 

で、そのときの脳活動として最も顕著なのがDefault Mode Network。マインドワンダリング中にも活動が上昇する領域です。デフォルトモードという言葉は、ヒトにおける脳の状態の「デフォルト」だからということですが、マインドワンダリングはまさにヒトの思考の「デフォルト」なんですね🦉

 

マインドワンダリングなどの説明は本ブログの辞書で。

tokumei104.hatenablog.com

 

【英語】Tie the knot.

knotは結び目。それをtieする、結ぶ。

結び目をつくる、という意味かと思いきや、それはtie a knot.

Tie the knot で、「結婚する」。なんかおしゃれ。

 

He finally tied the knot with his longtime girlfriend last month!

彼はついに長年の彼女と先月結婚した🦉

 

 

 

【心理学】マインドワンダリングが精神疾患と関連している件。

マインドワンダリング。言葉自体の意味は辞書でチェックしてもらうとして。

tokumei104.hatenablog.com

 

この日常の半分を占めるとも言われるマインドワンダリングは、精神疾患とも関連があるとされています。例えばADHD、近年では大人の発達障害なんて言われたりして、メジャーになっていますが(さらに個人的にはなんでもかんでも病名付けるのは反対なのですが🦉)、ADHDの方はマインドワンダリングが増えていることが知られています (Seli et al., 2019, Psychol Conscious)。一方、統合失調症ではマインドワンダリングの少なさが特徴的なようです (Chen et al., 2019, Conscious Cogn)。

 

脳の広範囲に関連する現象なので (Fox et al., 2015, Neuroimage; 下の図中緑部)、いろんな病気と関連するのもうなずけます。

f:id:tokumei104:20200525114403p:plain

マインドワンダリングにはいろいろな脳部位が関わる。Fox et al (2015, Neuroimage) より引用。

マインドワンダリングという現象を臨床分野に利用できないかなと画策しています🦉